サラ・ムーン Sarah Moon

 

写真家・映像作家。60年代にモデルとして活躍し、70年代にファッションや広告の分野で写真家としてのキャリアをスタートさせ、シャネルやディオール、コム デ ギャルソンを含むトップメゾンの仕事に携わった。1985年に作家活動を開始し、1995年「パリ写真大賞」受賞。写真集に『Improbable Memories』(Matrix 1981年)、『赤ずきん』(日本語版は西村書店 1989年)『VRAIS SEMBLANTS』(パルコ出版 1991年)、優れた写真集を選出するフランスの「ナダール賞」受賞作『Sarah Moon 1,2,3,4,5,』(英語版はThames & Hudson 2008年)等がある。また映像作家としても知られ、1979年、キャシャレルのために制作したフィルムで、「カンヌ国際広告祭 金獅子賞」受賞。映画作には「ミシシッピー・ワン」(1991年)や、友人アンリ・カルティエ=ブレッソンを追ったドキュメンタリー「Henri Cartier-Bresson Point d’interrogation」(1995年)等がある。

Late Fallは、近年、“時の美しさ、不確実さ、儚さ”を制作テーマとしてきたムーンが、フランス国立自然史博物館所蔵の植物標本や動物の剥製をモチーフに制作し、フランス本国での展覧会が大好評を博した作品群で、生と死、神話や寓話、孤独など、心の内奥にあるものを想起させる独自の世界観を創出している。