Gallery SUGATA Next Exhibition Vol.102

KYOTO:2.26 WED. - 3.8 SUN.

この度、ギャラリー素形では、北村和善煎茶展『茶と詩と物語』を開催いたします。伝統を引き継ぎ四代目として京都・鳴滝にて御室焼の煎茶器を作陶する北村和善。精巧な煎茶器には、伝統の文様はもちろん、文人、文豪の詩、物語の一場面など多岐にわたる文様が施され心を豊かにしてくれます。本展では、詩と物語を中心に北村和善の煎茶器の世界と新たに作陶された文具をご紹介いたします。ぜひ北村和善の茶と詩と物語の世界をご高覧ください。

PROFILE

四代目 北村 和善 Wazen Kitamura

 

1948年 京都にて 三代目和善長男として生まれる

1967年 京都市立日吉ヶ丘高校美術工芸コース陶芸科終了

1991年 日本煎茶工芸展奨励賞

      四代目和善襲名

1992年 日本煎茶工芸展文部大臣奨励賞

1994年     〃     会長賞

1995年     〃     黄檗賞

1996年     〃     全日本煎茶道連盟賞

1997年     〃     全日本煎茶道連盟賞

1998年     〃     全日本煎茶道連盟賞

1999年     〃     黄檗賞

2000年     〃     京都新聞社賞

2001年     〃     京都新聞社賞

2002年     〃     全日本煎茶工芸協会賞

2005年     〃     全日本煎茶道連盟賞

2006年     〃     全日本煎茶道連盟賞

2007年     〃     京都新聞社賞

2009年     〃     全日本煎茶工芸協会賞

2010年 京都・ギャラリー素形にて「北村和善御室焼展 前然善」

2011年 日本煎茶工芸展  黄檗賞「黄地紅彩 四愛図水注」

2013年 日本煎茶工芸展  黄檗賞「黄地紅彩廬仝(同の異体字)七句茶器(八角)」

2015年 京都・東京のギャラリー素形にて「北村和善 四季をあそぶ煎茶展」

2016年 京都・東京のギャラリー素形にて「北村和善煎茶展 漱石癖」

2017年 京都・東京のギャラリー素形にて「北村和善煎茶展 一煎一服」

2018年 京都 ギャラリー素形にて「北村和善煎茶展 文人達の旅」