四代目 北村 和善 Wazen Kitamura

 

1948年 京都にて 三代目和善長男として生まれる

1967年 京都市立日吉ヶ丘高校美術工芸コース陶芸科終了

1991年 日本煎茶工芸展奨励賞

      四代目和善襲名

1992年 日本煎茶工芸展文部大臣奨励賞

1994年     〃     会長賞

1995年     〃     黄檗賞

1996年     〃     全日本煎茶道連盟賞

1997年     〃     全日本煎茶道連盟賞

1998年     〃     全日本煎茶道連盟賞

1999年     〃     黄檗賞

2000年     〃     京都新聞社賞

2001年     〃     京都新聞社賞

2002年     〃     全日本煎茶工芸協会賞

2005年     〃     全日本煎茶道連盟賞

2006年     〃     全日本煎茶道連盟賞

2007年     〃     京都新聞社賞

2009年     〃     全日本煎茶工芸協会賞

2010年 京都・ギャラリー素形にて「北村和善御室焼展 前然善」

2011年 日本煎茶工芸展  黄檗賞「黄地紅彩 四愛図水注」

2013年 日本煎茶工芸展  黄檗賞「黄地紅彩廬仝(同の異体字)七句茶器(八角)」

 

 

初代北村和善は九谷から上京し東山に築窯しました。三代和善が御室鳴滝に窯を移し、仁和寺御門跡

の御許しをうけ『御室焼(おむろやき)』として煎茶道具中心に作陶、四代目和善に至ります。

その作風は御室の仁清、鳴滝の乾山を背景に京の焼き物の伝統・技術を引き継ぐものです。