NEXT Gallery SUGATA Next Exhibition Vol.113

荒川尚也ガラス展

 

光ノ音

ヒカリノネ

KYOTO:7.13 WED. - 8.7 SUN.

定休日 7.19TUE. | 7.25 MON.| 7.26TUE.| 8.1MON. | 8.2TUE

特別協力:SOWGEN

arakawa_press.jpg

この夏、Gallery SUGATAではガラス作家、荒川尚也氏の展覧会「光ノ音」を開催します。見る者に無心の美を感じさせる荒川氏の作品は、水が光る景色、水が奏でる音、水滴の粒、どこまでも透明なありのままのすがた同様の美があります。口に触れた瞬間に気持ち良く、心を豊かにしてくれる荒川氏のガラス作品をSOWGENの時の宿った古家具と共にご紹介致します。是非ご高覧くださいませ。

PROFILE

荒川 尚也 Naoya Arakawa

 

’53年京都市生まれ。
’78年北海道大学卒業。
その後札幌の豊平ガラス工場に入社し、
吹きガラスの技術を学ぶ。
’81年京都府京丹波町細谷にて晴耕社ガラス工房を始める。
’85年に京丹波町中山へ工房を移転。
’10年ミラノサローネ ボッテガ・ヴェネタ ホームコレクションに
選出される。その他各地で個展多数開催。

荒川尚也 / 晴耕社ガラス工房

http://seikosha-glass.com

NEXT Gallery SUGATA Next Exhibition Vol.114

矢代仁染織展

 

「矢代の御召、御召の矢代」

然花抄院室町本店内 特別展示会場−蔵−

7.13 WED. - 7.24 SUN.

11:00-18:00

休場日 7.18MON.| 7.19TUE.

矢代仁本社 特設販売会場

7.13 WED. - 7.22 FRI.

11:00-17:00

定休日:7.18MON. | 7.19TUE.

yashironi_press1.jpg

創業三百年の歴史を誇り染・織・繍の技を極める老舗、矢代仁による展覧会「矢代の御召、御召の矢代」を然花抄院内「蔵」にて開催いたします。本展では、安藤広重の本作から二十二景を選んで配置し、浮世絵の意匠を上品で洗練された着物(総縫取御召「江戸百景」)と紋意匠図を特別展示いたします。特別展に併せて、矢代仁本社特設会場では特別販売会も開催いたします。是非ご高覧くださいませ。

PROFILE

矢代仁

享保5年(1720)創業 元祖矢代庄兵衛が、京都室町二条に店舗を構え、絹織物商を始める

 

宝暦8年(1758)二代目誉田屋庄兵衛が家訓の「定め」を書き記す

 

安永4年(1775)初代誉田屋仁兵衞が独立

 

明治10年(1877)第1回 内国勧業博覧会(東京・上野公園)に天鵞絨(ビロード)を出品し受賞

 

明治22年(1889)中興の祖・田中久七支配人、幼少の六代目を助け、苦難の社運を挽回する

 

明治35年(1902)

西陣に織物工場を建設
西陣高級御召の有名機業家を系列におさめ、トラスト(企業合同)をつくる
「美さを御召」の名称が生まれ、商標を登録し、全製品に品質保証の証紙を付ける

明治41年(1908)

一条工場を建設、原糸-撚糸-染色-製品に至るまでの一貫工程を完成する

大正13年(1924)九条工場を建設

昭和2年(1927)東京日本橋に東京店を開店する

昭和10年(1935)株式会社矢代仁商店に改組、同時に誉仁合資会社を設立

昭和11年(1936)財団法人覚誉会を設立

昭和17年(1942)工芸技術保存の指定を受ける(特別織物技術保存法)

昭和22年(1947)株式会社矢代仁と改称

昭和37年(1962)東京店を日本橋富沢町に移転、店舗を拡充する

昭和38年(1963)七代目仁兵衞が古稀を迎え、会長となる

昭和48年(1973)ビル葆光を室町御池南入に建設

本社および呉服事業部京都店を移転する

昭和56年(1981)呉服事業部福岡事務所を開設する

平成元年(1989)新ビルを室町通二条南入に建設し移転

平成12年(2000)八代目仁兵衞・矢代美門が創業280年を期に会長就任、矢代一が代表取締役社長に就任

平成20年(2008)安曇野市天蚕振興会との農商工連携構築事業体の申請、受理

平成22年(2010)4月 創業290年記念 矢代仁展を開催

平成25年(2013)小桉会(志村ふくみ門下生の会)作品の全国展開を始める

平成30年(2018)第1回 中国国際輸入博覧会に出展

令和2年(2020)4月 創業300年記念 矢代仁展を開催